2011
09.28

良いもの

こと、食べものについては、美味い、まずいの判断で、話が盛り上がる。
良く対象になるのは、ラーメン、蕎麦。
当然、各自の好みの問題。
しかし、あそこの蕎麦は美味くない、ってこの辺のお店を否定する方はまずいない。
この恵まれた田舎の環境に感謝したい。
そんなある日、コーヒーについて詳しく書かれてある本に出会う。
大学生に美味しい順にコーヒー選んで、と実験したら、
飲みなれてるインスタントコーヒーをチョイス。
良い豆から挽いたコーヒーは最下位。
もはや味覚の氾濫に作者は驚愕。
化学調味料に慣れてる現代食文化、何が本物か解らなくなり、
偽物が本物になりかねない世の中にがっかりしてしまう。
オレもそこまではいかないが、味覚には自信が無い。
自分が美味いと思えばいいんだ、と言えばそれまでだが、
飽食の時代にもったいない。
美味しい、まずいは勝手だが、「良いもの、悪いもの」は必ず存在してる。
良いものをまずいという方はいるが、
悪いものが美味いとは絶対ありえない。
前述の大学生はもっと勉強すべし!
これは食べものの例だが、全てのものにも当てはまると思う。

良いバイクは乗ってて楽しい。
悪いバイクは楽しいはずがない。
みなさんは良いバイクに乗ってますかねぇ?

No Comment.

Add Your Comment