2009
04.20

「なんかオイルみたいの漏れてんだけど?」との修理依頼。

左側ステップ付近のアンダーフレーム部になんやら液体が。

しかもフレームの色が剥げている。正体はブレーキフルード。

油圧クラッチのレリーズシリンンダーから漏れてる模様。

当然、油圧がかかるため、シール部は消耗品でいつかは交換しなくてはならない箇所。

しかし、当店では年に一度あるかどうかの修理。他にも何かあるんでは?と覚悟しての分解。

案の定、ピストンはサビサビ、シリンダーの中もまっ茶色。水分が混入してた模様。

自分ではなかなかメンテできない部分でもあるが、前兆として、クラッチが深くなってきた、と。

とりあえず、シール交換で作業完了、できればさび付いたピストンも交換したほうが良かったが。

まずは異常に気付いたら、高くつく前にご相談を。



1 comment so far

Add Your Comment
  1. First of all, you must come across all the materials you will want to hands tie your Crappie jigs. Ordinarily, your local day fishing tackle hold, or perhaps outdoors save should have the things you might need. For anyone who is using difficulty acquiring supplies in your area, you might want to take into account looking on the internet.